Teachers 講師陣紹介

講師陣紹介

 
小澤征爾の写真

Seiji Ozawa

小澤 征爾

1935年、中国のシャンヤン(旧奉天)生まれ。幼いころからピアノを学び、成城学園中学校を経て、桐朋学園で齋藤秀雄に指揮を学んだ。
1959年秋、フランスのブザンソンで行われた指揮者コンクールで第1位を獲得。当時ボストン響の音楽監督であり、このコンクールの審査員であったシャルル・ミュンシュに翌夏タングルウッドに招かれ、そこでバークシャー・ミュージック・センターの最高位賞、優秀な学生指揮者に贈られるクーセヴィツキー賞を獲得した。

西ベルリンでヘルベルト・フォン・カラヤンに師事していた彼は、レナード・バーンスタインの目にとまり、1961/62年のシーズンには、ニューヨーク・フィルの副指揮者を務めた。その後、シカゴ交響楽団のラヴィニア・フェスティバル音楽監督、トロント交響楽団音楽監督、サンフランシスコ交響楽団音楽監督を歴任、1973年にボストン交響楽団の第13代音楽監督に就任、アメリカのオーケストラ史上でも異例の29年という長期にわたって務め、アメリカ国内はもとより国際的に世界最高のオーケストラのひとつに育てた。
1978年には、中国政府の公式招待により、中国中央楽団と1週間にわたって活動したのをはじめ、1年後の1979年3月にはボストン交響楽団を率いて再度訪中し、演奏活動に加えて、中国音楽人の指導・学習、並びに討論会など、意義深い音楽・文化交流を果たした。それ以来、中国とは深い関係を築いている。
2002年秋には、ウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任、2010年春まで務めた。それに先駆けて行われた、2002年元日のニューイヤー・コンサートでは、日本人として初めて指揮台に登場、その模様は世界65か国に中継された。

ヨーロッパでの評価と人気は絶大なものがあり、これまでにベルリン・フィル、ウィーン・フィルをはじめとする多くのオーケストラ、パリ・オペラ座、ミラノ・スカラ座など主要オペラハウスに出演している。1983年12月には、メシアンの唯一のオペラ「アッシジの聖フランチェスコ」をパリ・オペラ座で初演し、センセーショナルな話題をさらった。

日本においては、秋山和慶とともに恩師齋藤秀雄を偲んで1984年に開催した齋藤秀雄メモリアルコンサートを基礎にサイトウ・キネン・オーケストラを設立、1987年より正式に活動を開始。そして1992年より、芸術的念願であった国際的音楽祭“サイトウ・キネン・フェスティバル松本”へと発展させた。それ以来、ヨーロッパのオペラ劇場との共同制作、ヨーロッパ、アメリカ、中国への演奏旅行を積極的に行うなど、毎年大きな注目を集めている。

2000年からは、実践を通して若い音楽家を育成するために、小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトを開始。2005年には、初の中国公演を実施。また2009年4月には新たに小澤征爾音楽塾オーケストラ・プロジェクトを立ち上げ、2度目の中国公演を行い、大好評を博した。
また、長年にわたり奥志賀高原で弦楽四重奏をテーマとした室内楽勉強会を主宰してきたが、2005年にはスイスにヨーロッパにおける音楽学生を対象にしたSeiji Ozawa International Academy Switzerlandを設立、さらに、2011年には、アジア圏の優秀な学生に門戸をひろげるためNPO法人小澤国際室内楽アカデミー奥志賀を設立、教育活動に力を注いでいる。

その他には、創立時より密接な関係にあり、桂冠名誉指揮者の地位にある新日本フィルハーモニー交響楽団と定期的に活動すると共に、水戸室内管弦楽団顧問として、同管弦楽団を指揮している。

これまでに国内外で受賞した賞には、朝日賞(1985)、米国ハーバード大学名誉博士号(2000)、オーストリア勲一等十字勲章(2002)、毎日芸術賞(2003)、サントリー音楽賞(2003)、フランス・ソルボンヌ大学名誉博士号(2004)、ウィーン国立歌劇場名誉会員(2007)、フランス・レジオン・ドヌール勲章オフィシエ(2008)、フランス芸術アカデミー外国人会員(2008)、日本国文化勲章(2008)、イタリア・プレミオ・ガリレオ2000財団金百合賞(2008)、ウィーン・フィルより日本人として初めて「名誉団員」の称号(2010)、高松宮殿下記念世界文化賞(2011)、渡邊暁雄音楽基金特別賞(2011)などがある。